Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

病気の事

あれから1年

 あー去年の今頃は栃木に行ってたんだよなぁ。



初めての大手術でドキドキして。




今だから言うけど、私、手足が動かなくなって
帰ってきてもいいように、家のいろんなところ、整理していたんだ。


あとね、意識不明やになってもいいように
お金関係の色々なパスワードを主人にわかるように書いておいていたり。


うちのオカンなんて、車椅子生活になってもいいように
自宅改装も考えていたんだってさ。



それが、今じゃ、ぴんぴんしてます。



凄い事だよねぇ。



親達の間ではセカンドオピニオンって
今の担当医に失礼っていう感覚があるらしいけど
私の件でセカンドオピニオンは失礼な事でもなんでもなくて
必要なことって理解したみたい。



患者が一番納得できる方法がいいに決まっているもんね。



私が一番頼りにしてた脊髄腫瘍のHPがあって
そこに私と同じ海綿状血管腫の患者さん達のヘルプが沢山きているの。
珍しい病気だけに、ここのHPが絶対にひっかかってくるんだよね。


このHPがなかったら今の私は絶対にないと思うと
ネット社会に本当に感謝。


そしてこのHPを立ち上げてくれて、そして維持してくれている
管理人さんにも感謝。



あー、色々感謝だなぁ。
主人にも、友達にも、親、兄弟にも。




  • 2009.06.30 Tuesday
  • 17:02

病気の事

手術後、初の診察へ

 D大学病院に行ってきました。

先生とお話をして今心配な事を聞いてきました。

現在右半身が痺れていて長時間歩くと足を引きずってしまったり、
右手の痺れがありまだ細かい作業が出来ないことを伝えたんだけど
まぁ、ながい目で見てくださいと。
大体普通になるまでに2年はかかるそうです。

でもね、たった2年で普通の人と変わりなく歩けたり出来ちゃうんだから
そんなのへの河童ですわよ。

左側だけが異常に汗が出ちゃうのも交感神経が上手く作用していないから
これも戻るまで時間がかかるって。

色々障害はあるけど、徐々によくなるんだから問題はないねぇ。

手術跡も見てもらったけど、これだけの傷跡ですんで、
やっぱり手術は大成功だったと先生から再度言われちゃいました。

でも、本当にそう思う。
脳を開いて、首の骨も切ってそこから脊髄に進入して腫瘍取った
大手術だったのに今では普通に生活できちゃっているんだもん。
脳、開いたんだよー、私の脳。


本当に良かったー。
先生に出会えてよかったー。


なんかね、栃木が第二の故郷的な存在になって、
インター降りた風景が懐かしかったり、病院が懐かしかったり。

今度の診察は来年の1月8日。
そう、私の誕生日なのですよ。

また旅行気分で栃木に行っちゃうよー。




  • 2008.08.21 Thursday
  • 21:51

病気の事

左側だけ汗をかく女

 最近、判明したことがあります。

私、夏でも汗をかかないくらい発汗作用が弱い人なんですよ。
かいてもうっすらくらい。

で、以前にエステに行った時、ゲルマニウム温浴しても
ほとんど汗をかかなかったので、エステのお姉さんに驚かれた事もありました
これって大抵の人は10分くらいで滝のように汗がでるらしいんですけどね。
だって、持ち物に替えの下着を持参してくださいって書くくらいですから。


でも、手術をしてからやたらと暑がりになった私。
汗もダクダク出るようになったんですよ。
おおーー健康的になったじゃーん。なんて思っていたら、
汗をかいているのは左半身だけなんです。


この前化粧をしていてむちゃくちゃ暑くて汗が出てきちゃっていたんですよ。
で、よく見たら左顔だけ汗でてかっているの。
本当に顔真っ二つに割って、半分は汗がダラダラ、
半分はまったくかいていないんです。

あまりの不思議現象で主人に見せちゃいましたよ。
よくよく見てみると体も左だけ汗をかいているんです。


今まで腫瘍で神経を押されていてそれが元に戻ってきたのかもしれないんだけど
左だけ全解放されてちゃっているんですよね。
左側だけ、むちゃくちゃ新陳代謝がよくなっちゃって、
いつかこのままだと左側だけ若々しく、右側だけが年をとって見えるなんていう
一人ビフォー、アフターみたくなっちゃうんじゃないかと・・・。

別に生活に不自由はないんだけど、これって健康なのか健康じゃないのか
わからない・・・。


今度検診があるのできいてこよーっと。

  • 2008.08.05 Tuesday
  • 11:25

病気の事

最近の病院って。

 最近の病院って意外と快適なんですよ。

私が行っていたD大学病院には院内にスタバがあるので
病院臭さっていうのが全く無く、逆にコーヒーのいい匂いがしちゃったりして。

スタバでお茶なんかしていると病院にいるって感覚が無くって。
大きな窓から見える景色は緑がいっぱいで、噴水とかみえちゃったりして。
ここは病院か?って思える程、気分転換できちゃう。

母親なんて「コーヒーゼリーフラペチーノ」がたいそう気に入ったらしく


「お母さん、毎日これ飲みたい!」


なんてすっかりハマってました。


でもカロリー高いんだよって教えたら


「じゃ、3日に一回飲む!」と。


3日が彼女にとって我慢の限界らしいです(笑)



で、売店もかなり充実していて、日替わりでイベントがあり、「駅弁フェアー」とか
「DVD安売り!」とかあっちゃったりして、親も意外と楽しんでしました。


ケーキ屋もあって日替わりで入ってくるケーキ屋が違うんですよ。
これって凄いよねぇ。


しかも今までの病院だと、腕にネームタグをつけられて、退院まで外せないんだけど
ここは手術の日と点滴をしている時まで。


だからスポーツウェアーとか着ちゃえば入院患者なのか、診察しに来た人なのか、
はたまたお見舞いの人なのかわからないんです。
だから脱走したい放題なんです。


後半なんて検査も無いので、一度母親と病院脱走をしちゃいました。
母親が借りていたウィークリーマンションまで(リハビリと称して)歩いて行ったりして。
他にも外に大きな散歩道(病院専用)があったりして、簡単に外に出られるから
気分転換ができて本当に良かったんですよ。


まぁ、病院にお世話にならないのが一番いいんだけどね。
長寿大国の日本、病院のサービスも変わってきているんだなぁ。と実感。



  • 2008.07.17 Thursday
  • 10:22

病気の事

半身ゾンビな私

ちょっとずつ、普段の生活に慣れてきました。

でも、今の私は半身ゾンビなんですよ。
左半身、全く痛みを感じません。
そして温度も全くわかりません。


入院中、左足に靴ずれができていたんですけど、
痛みがわからないから全く気がつかなかったんです。

で、気がついたときにはものすごく大変な事に。
看護士さんがビックリしていました。

担当医からも一日の終わりには必ず左半身のチェックをするようにと。
知らないうちに傷ができていて、ほったらかしにしていることにより、
大変な事になっちゃうからね。って。


温度もわからないから必ず右手で確認してから左手で触るようにと。


痛みがわからないって、注射をするとき左手にしてもらえば
痛くないからいいじゃーーん!なんて思って一度左手でやったんですけど、
注射ってたまに失敗して血管から漏れちゃう事があるらしいんですよ。

だから注射をしているときに看護士さんが「今、血管とか痛くないですか?」って聞いてくるんです。
でも痛みがわからないから、漏れているのかなんてわからないんですよ。

それから怖くなっちゃって。


痛くても右手でこれからはしてもらおう!と。


痛みを感じるって事は人間にとって大切なんです。
防御本能っていうか、これを感じないとダメなんですよね。

徐々には戻ってくるらしいのですが、それがいつなのか・・・・
まぁ、ながい目で見ていきます。
動くだけで十分ですから。

でも、早く人間になりたぁーーーーい(笑)

  • 2008.07.16 Wednesday
  • 12:47